徳島健祥会福祉専門学校|介護福祉学科

HOME > 学科紹介 > 介護福祉学科

介護福祉学科

昼間2年/定員120名

取得資格
介護福祉士受験資格
専門士(社会福祉専門課程)
レクリエーション・インストラクター
ゲートボール3級審判員

※印については卒業と同時に無試験で取得できます。

介護福祉用具体験_6614.jpg

健祥会の科学的介護を学ぶ
新しい時代のプロフェッショナルになる

介護の最前線で即戦力として力を発揮できるよう、
健祥会グループが30年にわたって育んできた
豊富な現場のノウハウと、常に進化する現場直結の
介護技術をあますところなく伝えます。
高齢者の尊厳を守り、自立を支援し、技術のみならず、
福祉人としての豊かであたたかな心も育てます。


先輩からのメッセージはこちらからご覧いただけます。

172x30メッセージ.jpg

介護車いす_6724.jpg

学科のPOINT

開校以来就職率100%

社会福祉法人立ならではのグループ内施設での実習

責任を持って個別指導を実現する担任制

海外研修で海外にも目を向けグローバル人材を育てます

奨学金制度.jpg

介護福祉士を目指すあなたに

長尾先生.jpg学科長 長尾 文代■例えば食事・入浴・着替えなど、日常生活の基本動作が困難になっている障がい者や高齢者の方に動作の援助を行う「介護福祉士」。その目的は障がい者・高齢者の自立した生活を支えていくことにあります。
■医療技術の進歩などの要因によって、日本は世界に類を見ない超高齢社会を迎えており、今後さらに高齢化は進みます。そうした状況下にあって、介護業務のスペシャリストである介護福祉士の存在は大きくクローズアップされ、増加の一途をたどる福祉施設などで必要とされる人の数も急増しています。
■介護福祉学科では、グループのネットワークに基づいた豊富な実地体験と、開設以来蓄積されて来たノウハウに基づいて、卒業後すぐに現場の最前線で活躍できる介護福祉士の育成に取り組んでいます。また、介護業務に終始するのではなく、利用者の方やそのご家族の皆さんにとって「精神的な支え」となるべく、とりわけコミュニケーションの能力の向上を重視した「心の教育」も、本校の特徴と言えるでしょう。

【カリキュラム】

年次目標

授業

全くの未経験の段階から、現場を支えるプロへの成長。そのプロセスを細かく分類し、無理なくステップアップできる授業を編成しています。座学に偏ることなく、現場とのネットワークを講義にフルに取り込んでいる点も大きな特徴です。

実習

学校法人ではなく、社会福祉法人である健祥会。実習の際には、グループの運営する四国各地の社会福祉施設が全面的なバックアップを行います。一年次からスタートする実習授業はその量・密度ともに、非常に充実しています。

1年次

基礎学習

“人”を理解するための医学・社会福祉援助技術・心理学をはじめ、福祉に関する知識や介護に関する基礎的な技術・知識を習得

人間と社会

●人間の尊厳と自立 ●人間関係とコミュニケーション ●社会の理解 ●生活技術 ●社会保障関連制度

介護

●介護の基本 ●コミュニケーション技術 ●生活支援技術 ●介護過程 ●介護総合演習 ●介護実習

こころとからだのしくみ

●認知症の理解 ●こころとからだのしくみ

選択科目

●ゲートボール ●情報科学 ●保健体育●レクリエーション

見学実習

特別養護老人ホーム、老人保健施設、身体障害者療護施設、ケアハウス、デイサービスセンターなどの福祉施設を見学。

実習Ⅰ-1

身体障害者療護施設、知的障害者施設、グループホーム、デイサービスで介護の基本であるコミュニケーション技術を磨き、利用者との人間的関わりを深めます。

実習Ⅰ-2

はじめての(施設)実習。介護保険施設において、一日の介護実務全般を見学し利用者の日常生活援助の実際を理解します。

2年次

応用学習

段階別の施設実習で着実に実力がつきます。1年次で学習したことを施設学習を通し、福祉現場に活きる実践力を習得

人間と社会

●生活文化論 ●法学

介護

●介護の基本 ●生活支援技術 ●介護過程 ●介護総合演習 ●介護実習

こころとからだのしくみ

●発達と老化の理解 ●認知症の理解 ●障害の理解

選択科目

●音楽 ●国語表現 ●英語●介護保険 ●給付管理手法 ●高齢者介護特論

実習Ⅱ-1 5週間

実際に施設利用者の方を担当し、その方の理解や介護計画立案などの実践的な勉強を行います。

実習Ⅱ-2 4週間

2年間学んだ知識・技術をもとに、介護福祉士としての自覚を高めるためのまとめの実習です。

訪問介護実習 3日間

Ⅱ-1実習・Ⅱ-2実習期間中に、指導者とともに在宅訪問を行い、介護方法を学びます。

卒業後

卒業後のバックアップ

勉強会・事例検討会
ケアマネージャー受験対策

“対象者に選ばれる介護福祉士”
“成長し続ける介護福祉士”へ

介護保険業務士コース

●介護保険業務士でワンランク上の介護福祉士に
●介護保険業務士でデスクワークもできる介護福祉士に

介護福祉士の資格取得だけではなく、介護報酬請求を中心とした事務的な知識に加え、福祉制度の仕組みや利用者待遇などを、より実践的に学んでいくコースです。施設の運営にも力を発揮することの出来るこのスキルは、キャリアアップの上でも大きなバックボーンとなるでしょう。



就職状況や主な就職先はこちらからご覧ください。
0000就職状況.gif0000主な就職先.gif

[主な就職先]

介護老人福祉施設

家庭での介護が困難な高齢者が入所し利用する施設です。介護老人保健施設・介護療養型医療施設に比べると「生活の場」としての性格が濃く、介護福祉士も生活そのものの援助に関わるケースが多くなっています。

介護老人保健施設

寝たきりの高齢者、認知症の高齢者向けに、介護や機能訓練等のサービスを提供する入所型施設です。入院は必要としないまでも、入院による治療は必要ないものの、医学的な専門管理が求められる方が主な対象です。

デイサービスセンター

高齢者や障害者の方が入浴・食事・日常動作訓練サービスなどを受ける通所型の施設です。住み慣れた自宅とセンターでの生活で、寝たきりや認知症に対する予防介護につながるケアを主に提供していきます。

グループホーム

認知症の高齢者が共同生活を営む、家庭的な雰囲気を持つ施設です。利用者とその家族の方々の身体的・精神的負担の軽減を図るために、入浴・食事など日常生活上の介助を行い、機能訓練を目指します。

ホームヘルパーステーション

日常生活に支障のある高齢者や障害者の方が生活している家庭で、身体介護や生活援助を必要な高齢者や障害者向けのサービス。利用者が生活している家庭にホームヘルパーとして出向き、介護はもちろん家事、また相談やアドバイスなどを行い、生活の質の向上に努めます。

身体障害者療護施設

常に介護を必要とする身体障害者が入所する施設です。身体障害者の自立援助を目的に、介護福祉士は介護や介助、また相手の生活能力を引き出していくためのアドバイスなども同時に行っていきます。

知的障害者施設

知的障害者向けの入居・通所施設。雇用されることが困難な方に、日常生活自立のための訓練、また職業訓練を行う施設です。介護福祉士は生活援助や職業訓練などに幅広く関わり、知的障害者の自立を支えます。

医療機関

慢性疾患などで入院をした方を対象に、治療・リハビリテーション・看護・介護を行います。主に日常生活の援助などの分野で、介護福祉士の存在が求められます。在宅復帰を目標に、きめ細かなケアを行います。


●徳島健祥会福祉専門学校  
〒779-3105 徳島県徳島市国府町東高輪

TEL.088-642-9666     
FAX.088-642-9227     

●徳島健祥会福祉専門学校 入試事務局
〒779-3105 徳島県徳島市国府町東高輪

TEL.088-642-9810  

右資料請求.gif